燃焼実験

服に火が燃え移ったとき、すばやく消せない高齢者や小さな子供の服には、燃えにくい素材が望ましい。
繊維によって、燃え方が異なることを調べてみましょう。

一括ダウンロード(18.6MB)

準備するもの

アルコールランプ、ピンセット、アルミはく、実験布

方法

1.アルミはくをアルコールランプの下に敷き、ピンセットで布をつかみ、炎に近づけ、各布の変化を観察する。
2.布をガアルコールランプの炎にいれ、燃え方・煙の色・量・臭いを観察する。
3.布を炎から取り出し、燃え続けるかどうかを観察する。
4.燃えた後、炎の色、布のかたさ、量を観察する。

注意点

換気に注意して行う。

実験結果

*写真はクリックすると拡大表示します
繊維 結果 燃焼実験の様子
(動画)
燃焼性 灰の形状



綿 炎に触れると直ちに燃え、非常に速やかに燃える。残照がある。紙の燃える臭いがする。 非常に小さく柔らかくて灰色 綿(wmv形式)
(サイズ:1.45MB)
炎に近づけるとちぢれて燃える。毛髪の燃える臭いがする。 黒く膨れ上がり、もろく容易につぶれる 毛(wmv形式)
(サイズ:1.39MB)
羊毛に似た燃え方であるが、ややひらめいて燃える。 黒く膨れ上がり、もろく容易につぶれる 絹(wmv形式)
(サイズ:1.58MB)
綿と同じ。 非常に小さく柔らかくて灰色 麻(wmv形式)
(サイズ:1.89MB)




レーヨン 綿・麻と似た燃え方であるが、残照はない。 灰はほとんど残らない レーヨン(wmv形式)
(サイズ:1.91MB)
キュプラ レーヨンと同じ。 灰はほとんど残らない キュプラ(wmv形式)
(サイズ:1.58MB)
アセテート 溶融しながら燃焼する。酢酸臭がする。 黒く硬くてもろい不規則な形 アセテート(wmv形式)
(サイズ:2.08MB)



ナイロン 炎に近づけると溶融して燃えるが、炎から離すと燃焼を続けない。 硬くこげ茶色から灰色のビーズ ナイロン(wmv形式)
(サイズ:1.97MB)
ポリエステル 黒い煙を出して、溶融しながら燃える。甘い臭いがする。 黒色で硬く丸い ポリエステル(wmv形式)
(サイズ:3.56MB)
アクリル 溶融しながら速やかに燃える。肉を焼いたときに臭いに似ている。 黒色で硬く不ぞろい アクリル(wmv形式)
(サイズ:1.94MB)